YearName 関数

2019年5月1日からの新元号への対応が始まっています。
ファイルメーカー社様も、FileMaker 17 の新元号への対応を予定より少し早め、
連休前にアップデータをリリースしてくれました。
この連休中にもアップデータをリリースしたりと
新元号対応はシステム関連の企業にとっても一大事ですね。

さて、今回はアップデータのサイトの「参考情報」に書かれていた
「YearName 関数がテキストではなく日付として結果を返す」に注目してみました。

リンク先を見てみると、
「YearName 関数の戻り値から和暦の数字のみを参照する方法」
と書かれたサポートページが表示されます。

このページには2つのことが書かれています。


「YearName 関数」の続きを読む

数字だけで日付を入力する

こちらは「数字だけで日付入力したい場合」のお話です。

以前書かせていただいた「数字だけで時刻入力させたい場合」の記事が意外と好評で、
その後たびたび「年月はできないの?」というご質問をお受けしました。
「年月は(私には…かもしれないのですが)できない」のです…計算式を仕込むだけでは…。

日付タイプのフィールドの場合、
入力した時点で日付として認識できない値は通らないようで、
日付フィールドのエラーが先に返ってきてどうしようもないんです。。。
が、
計算式で数字を日付に変換するスクリプトをスクリプトトリガで設定するとできます。


「数字だけで日付を入力する」の続きを読む

数字だけで時刻を入力する(時分のみでいい場合)

FileMakerで時刻タイプのフィールドに時刻を入力する場合、
「10:15」というように、間に ":" (コロン) をいれなければなりません。
10時ちょうどの場合は「10」と入力すれば「10:00」となるのですが、
"ちょうどの時間"を入れることばかりではないでしょうから、
コロンの入力が必要になることが多く、ちょっと面倒です。

FileMakerでも「数字だけで時刻入力させたい」というご要望をお聞きすることが多かったので、
以下のカスタム関数を作って対応することにしました。


「数字だけで時刻を入力する(時分のみでいい場合)」の続きを読む

繰り返しフィールドの入力状況を確認する

久しぶりに書くブログの内容が「繰り返しフィールド」って…

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、、、

批判されることを覚悟で書きますが、
私は繰り返しフィールドを使うことをそれほど悪いと思っていないのです。

FileMaker独自の考え方といえばそうですし、
他のデータベースとのやり取りには向いていないこともわかっています。

が、、、

繰り返しフィールドの特徴をちゃんとわかった上で使うのであれば、
使い方によってはこんなに便利なものを使わないのももったいないと思っています。

ポータルで作るほどのことではなく「ちょっと欄が分かれて見えればいい程度」…
というときに「繰り返し」を使っています。


「繰り返しフィールドの入力状況を確認する」の続きを読む