Gmailアカウントを「メールを送信」のSMTPオプションに設定

今回はFileMakerのスクリプトステップ「メールを送信」で「SMTPサーバー」を選んだ時、
Gmailを「SMTPオプション」に設定するときにハマってしまわないための自分用メモです。

キーワードはGoogleの「アプリパスワード」です。


・・・・・実はGoogleの「アプリパスワード」でハマるのは3回目です_| ̄|○


最初にハマった時はネットで検索しても情報をみつけることができず、かなり苦労しました。
解決にたどり着く直前に、たまたま別のことで「アプリパスワード」を使っていたので気づけたのですが、今回はあまりにも久しぶりすぎて、忘れていました。
しかもネットで調べることも怠ったため、時間を無駄にしてしまいました。

反省と、ハマるのが4回目にならないよう、ここに書いておくことにしました。
同じことにはまった方のお役に立てば幸いです<(_ _)>


「Gmailアカウントを「メールを送信」のSMTPオプションに設定」の続きを読む

While関数とLoopスクリプト

FileMaker Pro 18 Advanced から「While関数」が登場しました。
今まではカスタム関数で実現させていた再帰ができる関数です。

この関数、何度か使っているのですが「すっ」と書けたことがありませんでした^^;
毎回計算結果が「?」になってしまったり、思ったものと異なる結果が返ってきてしまい、
試行錯誤しながらちょこちょこ直して「ようやく完成!」という手際の悪さで作っていました。

それが11月に開催されたFM-ChubuでWhile関数を試してみて、
自分の大きな勘違いにようやく気づくことができ、
すっと書けるようになりました(遅すぎですが・・・)


「While関数とLoopスクリプト」の続きを読む

数字だけで日付を入力する

こちらは「数字だけで日付入力したい場合」のお話です。

以前書かせていただいた「数字だけで時刻入力させたい場合」の記事が意外と好評で、
その後たびたび「年月はできないの?」というご質問をお受けしました。
「年月は(私には…かもしれないのですが)できない」のです…計算式を仕込むだけでは…。

日付タイプのフィールドの場合、
入力した時点で日付として認識できない値は通らないようで、
日付フィールドのエラーが先に返ってきてどうしようもないんです。。。
が、
計算式で数字を日付に変換するスクリプトをスクリプトトリガで設定するとできます。


「数字だけで日付を入力する」の続きを読む

検索前の状態に戻れる「検索用のスクリプト」

今回は、随分前に銀座で毎月開催されていた
FileMaker Fun Night ! というイベントで紹介していただいた方法を利用した
検索用のスクリプトについてのお話です。

検索するスクリプトの作り方によってですが、
検索を実行し、該当レコードがないと、
対象レコード0件の状態になってしまうことがあります。
該当レコードがない場合、
元の状態に戻す仕組みは意外と少ないステップの追加でできるのです。


「検索前の状態に戻れる「検索用のスクリプト」」の続きを読む