数字だけで日付を入力する

こちらは「数字だけで日付入力したい場合」のお話です。

以前書かせていただいた「数字だけで時刻入力させたい場合」の記事が意外と好評で、
その後たびたび「年月はできないの?」というご質問をお受けしました。
「年月は(私には…かもしれないのですが)できない」のです…計算式を仕込むだけでは…。

日付タイプのフィールドの場合、
入力した時点で日付として認識できない値は通らないようで、
日付フィールドのエラーが先に返ってきてどうしようもないんです。。。
が、
計算式で数字を日付に変換するスクリプトをスクリプトトリガで設定するとできます。


「数字だけで日付を入力する」の続きを読む

数字だけで時刻を入力する(時分のみでいい場合)

FileMakerで時刻タイプのフィールドに時刻を入力する場合、
「10:15」というように、間に ":" (コロン) をいれなければなりません。
10時ちょうどの場合は「10」と入力すれば「10:00」となるのですが、
"ちょうどの時間"を入れることばかりではないでしょうから、
コロンの入力が必要になることが多く、ちょっと面倒です。

FileMakerでも「数字だけで時刻入力させたい」というご要望をお聞きすることが多かったので、
以下のカスタム関数を作って対応することにしました。


「数字だけで時刻を入力する(時分のみでいい場合)」の続きを読む

繰り返しフィールドの入力状況を確認する

久しぶりに書くブログの内容が「繰り返しフィールド」って…

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、、、

批判されることを覚悟で書きますが、
私は繰り返しフィールドを使うことをそれほど悪いと思っていないのです。

FileMaker独自の考え方といえばそうですし、
他のデータベースとのやり取りには向いていないこともわかっています。

が、、、

繰り返しフィールドの特徴をちゃんとわかった上で使うのであれば、
使い方によってはこんなに便利なものを使わないのももったいないと思っています。

ポータルで作るほどのことではなく「ちょっと欄が分かれて見えればいい程度」…
というときに「繰り返し」を使っています。


「繰り返しフィールドの入力状況を確認する」の続きを読む

検索前の状態に戻れる「検索用のスクリプト」

今回は、随分前に銀座で毎月開催されていた
FileMaker Fun Night ! というイベントで紹介していただいた方法を利用した
検索用のスクリプトについてのお話です。

検索するスクリプトの作り方によってですが、
検索を実行し、該当レコードがないと、
対象レコード0件の状態になってしまうことがあります。
該当レコードがない場合、
元の状態に戻す仕組みは意外と少ないステップの追加でできるのです。


「検索前の状態に戻れる「検索用のスクリプト」」の続きを読む

新しいブログの場所を作りました

これからブログはこちらに書かせていただこうと思います。

今までのブログ同様、ご愛顧くださいますようお願いいたします。

なお、今までのブログ「うさぎのひとりごと」の記事をこちらに移すことも検討中ですが、
移すとしてもぼちぼち…になると思います。
今までのブログも残してありますので、今までの記事にご興味のある方はこちらからご覧くださいませ。

まずは新しくこちらのブログを知っていただきたくて、
最初の記事を書かせていただくことにしました。

これまた今までのブログ同様?
そんなに頻繁に更新されるということはないかもしれませんが、
皆様のお役に立てる内容がかけるようがんばりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。