タグ検索:作り方 , 相談

2014年4月1日開催分から、消費税額が変わりますのでご注意ください。

これから新規にお申し込みくださるお客様、
定期的に教室に通っていただいているお客様も、
業務内容の教室のページの「教室の種類」の表に記載しております料金をご確認の上、
お越しくださいますようお願いいたします。


「システムの開発は自分たちでやりたい…。けれど手が足りない」
「今あるシステムにちょっとした手を加えたい…。けれど技術的な不安がある」
「作るのを手伝ってほしい…。けれど教えてもらったりその他開発に関するいろんなことも頼みたい」

お客様からいただくご要望はさまざまです。

私たちのやりたいこと…それは
「ご依頼いただくことだけをこなすこと」ではなく、
「システムを使うことでよりよくなるためにできることをさせていただくこと」です。

お客様からのご要望をお聞きした上で、できることなら何でも…
システムの開発作業そのものだけではなく、
システム開発に関するあらゆることをサポートさせていただきます。

「業務の傍らではできないけれどこんなことがやりたい」
という具体的なご希望や、
「今あるシステムを改善する手助けが欲しい」
という漠然としたご希望など、
FileMakerで作られたシステムを中心に、システムに関するサポートをさせていただきます。


開発者になる前、
FileMakerの電話サポート以外に頼るものがなくて不安でした。

ヘルプや本を読んでも書いてある専門用語がわからなかったり、
実際にやってみようにもどうしていいのかわからなったり、
それが合っているのかわからず不安なまま使っていたりもしました。

「システムを見てもらいながら相談したいなぁ…
そうすれば自分にあったアドバイスをしてもらえるんだろうなぁ…」
と思っていました。

その頃も「有料セミナー」はいくつかありましたが、
「私なんかが行ってもわからないだろう」と思っていましたし、
実際にわからなかったと思います。

なぜなら、その頃の私は
「自分のやりたいことを自分なりの言葉(用語)でなら説明できるし、
理解もできるだろうけど、
正しい用語で説明されたら理解することができなかった」
と思うからです。

開発者になって、相談する相手ができました。
少しずつ専門用語もわかるようになってきました。
一人では解決できないと思っていた事も、ほんのちょっとのサポートさえあれば自力で上手く進めらることを体験しました。

そんな経験から、
お一人で「FileMakerでの開発やご利用に関する悩み」を抱えている方向けにご用意いたしました。

せっかくFileMakerを使うなら、もっと便利に楽しく使っていただきたい…そんな思いでサポートさせていただきます。


usagi-mimiの記事一覧

カテゴリーリスト

コンテンツに戻る

お電話でのお問い合せはこちら

電話番号:050-3337-2227